HOME ドクター紹介 インプラント 医院紹介 アクセス スタッフ募集


妊娠中は身体が大きく変化しますが、それと同時にお口の中の環境も大きく変化しています。

@虫歯ができやすくなる
妊娠すると唾液の量が減りお口の中が酸性に傾くため、虫歯が出来やすい環境になります。
また、つわりによって上手に歯が磨けなかったり、食生活の変化、食べづわりによる長時間の飲食など生活習慣の変化も虫歯を出来やすくする原因の一つです。

A歯茎が腫れたり出血しやすくなる
妊娠すると女性ホルモンが増加するため、歯周病の原因菌が増加して歯茎の炎症が起こりやすくなります。(歯周病菌は女性ホルモンが大好きです)
ひどい歯周病になると、歯茎で起こった炎症性の物質が血液を通して全身に広がり、子宮を収縮する物質の分泌がうながされ、早産を引き起こす可能性があります。
歯周病のママが早産になるリスクは歯周病でない人の約7.5倍にもなると言われています。
歯周病を防ぐには歯石除去を行う必要があり、歯石はお家では取れないので歯医者さんに行って除去しましょう。

まずは、お腹の赤ちゃんのためにも、今のお口の状態を知ることから始めることが大切です。
普段から定期検診を受けていた方も、妊娠したら改めて健診を受けるようにしましょう。
また、気になることがあれば出産前に解決しておく必要があります。ぜひ一度当院にお越しください。


*ご来院の際は、母子手帳と補助券をお持ちになり、ご来院してください。





HOMEドクター診療科目医院紹介アクセススタッフ募集
Copyright (C) Tsujioka Dental Clinic All Rights Reserved.