辻岡歯科医院
辻岡歯科医院HOME ドクター紹介 インプラント 医院紹介 アクセス スタッフ募集
  • よく噛んで楽しく食事する。爽やかな口元でキレイな笑顔を演出する
  • 地域に根差して30年間の実績が生む圧倒的な安心感
  • 一般歯科からインプラントまで幅広い治療に実績があります

入れ歯(義歯)



入れ歯の悩みの三拍子といえば、「痛い」、「外れる」、「噛みずらい」ですが、嘘のようにこの悩みから解放される入れ歯を作らせて頂きます。



患者様のお口の中は千差万別で、入れ歯を支える顎の骨の状態、噛み合わせ、歯肉の硬さ、上と下の顎の位置関係、顎関節の動き方など、複雑な状況が絡み合っています。
それらの問題点を解決できなければ、見た目は良くても噛めない、痛い、落ちやすい、発音しにくい入れ歯になってしまいます。
患者さまのお口の中の状態を詳しく調べ、様々な治療法の中から適したものを組み合わせて、患者様個人に合ったオーダーメイドの入れ歯をお作りするのが当院の入れ歯治療です。

一口に入れ歯と言っても様々な種類があり、患者様により適する入れ歯は異なります。
基本的には保険の入れ歯で充分ですが、更なる見た目、噛みやすさ、発音のしやすさに対する満足感を上げるため、最新の自費の入れ歯をリーズナブルな価格で提供いたします。


金属床義歯



歯肉に触れる部分が金属素材で作られた入れ歯で、保険のレジン素材よりも薄く作ることが出来るので違和感が少なく、熱が伝わりやすいので食べ物の温度を感じやすいという特徴を持っています。

スマイルデンチャー


ノンクラスプデンチャーともいい、金属のバネを使用しない、半透明の入れ歯のことです。
笑った時や話している時に金属のバネが見えないので、審美性(見た目)に優れているのが特徴です。

コンフォートデンチャー


コンフォートは硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、まったく新しい入れ歯の技術です。
生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだ時の歯茎の負担を和らげ、驚くほどの吸着力を発揮。「痛い、噛めない、外れやすい」といった従来の入れ歯の悩みを解消するとともに患者様の歯茎をやさしく守ります。

インプラントオーバーデンチャー


上記に挙げた金属床義歯、スマイルデンチャー、コンフォートデンチャーは、保険の入れ歯よりは優れているものの、やはり入れ歯なので限界があります。
本当に硬い物でも何でも食べられる、外れない入れ歯を求めるのであればインプラントを利用した入れ歯(インプラントデンチャー)がお勧めです。
インプラントオーバーデンチャーとは、2〜4本のインプラントを埋入し、入れ歯をしっかり安定させる治療法です。硬い物でもしっかり良く嚙め、患者さんが自由に取り外しが出来るため、メンテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要としないため精神的な負担も少ない治療法です。

入れ歯の特徴


ブリッジでは適応できないような大きな歯の欠損に対して有効な治療法で、保険適応(自由診療の場合もあり)されるだけでなく、簡単に取り外すことや洗浄も可能です。
ただし、バネをかける歯に負担がかかり、経年するとその歯が抜け落ちてしまうといった問題点、異物感が大きい、食事がしづらいといった問題点があります。



インプラントの特徴


インプラント治療は、第2の永久歯と言われており、歯を失った部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、自分の歯とほぼ同じような機能を回復する治療法です。
費用面さえクリアできれば現時点で最高の治療法と言えるでしょう。